新型コロナウイルスと意識細胞光療法

はじめに

こんにちは。安田明純です。はじめてブログに挑戦する76才です。

なぜ、突然ブログを始めようと思ったか?まずは、私のことを少し書かせて頂きます。

 

このコロナ禍のさなか、1冊の本を出版させていただきました。

 

数年間から自分の中で温めていた内容です。昨年末に出版する予定でしたが、なぜかこの5月に。これも何かの導きなのかと思いました。テーマは、「意識」「細胞」そして「光」です。

 

私は、昭和4610月に、日本で初となる「カラオケ」スナックを新宿歌舞伎町オープンさせた者です。当時私は、売れない役者をしていたので、サイドビジネスということになります。

 

「カラオケ」は、その頃すでに存在しておりましたが、プロの歌手がお店で歌を歌う時に、バンドを連れていく予算がないと、歌が入っていない(カラ)、伴奏(オーケストラ=オケ)テープで歌うということがありましたが、素人さんが壇上で歌うという発想がない時代です。

 

そんな時代、スナックは、ありましたが、素人さんに歌わせて商売をするという文化を作り出したので私はカラオケの生みの親とも言われています。

 

サラリーマンのストレス解消にカラオケは最高だと思い、手作りで11つカラオケテープを作って、歌詞カードを作って・・・それがマスコミに取り上げられて、全国に急速に広がって行ったのでした。

 

残念ながら一世風靡した元祖カラオケスナック「プランキー」は、今はありません。その時以上の情熱をかけて開発し、ライフワークにしているのが、「光」をつかった民間療法です。

 

私が世に送り出すものは、いつも先見の明がありすぎるのか(笑)、世の中に受け入れられるまでに時間を要するようです。

 

この「光」は、時代の3歩前を行くスゴイものだと言われています。得意なものづくりを生かして、伴侶であり、共同開発者である安田倭子と共に、15年前から開発開始し、すべての方々に癒しと安心を与える「光」を世に送り出しました。ちょうど12年前のことです。音による癒しの追求から、光による癒しの追求にスイッチしたというわけです。

 

この「光」が、コロナ禍の今、世の中に光を与える一助となるのではと思い、その「光」について、そして私が考えるコロナ禍について、そしてこれからの世の中について、躊躇せずに、発信して参りたいと思います。

 

意識細胞光療法 恐怖因子と安心因子のバランスが崩れると病気が生まれる

 「意識細胞光療法」が58日に出版されました。

「いっきに読めました」「いい本ですね」など、まだ発売されて日も浅いのに、そんなコメントが寄せられてうれしい限りです。

そんな中に、

「書きたいことが四分の一も書けていないでしょう。分かる、伝わってくるんだよ」「今の、新コロナウイルスのことを予言しているような本だね」等、電話を下さった方々もいました。

言われてみたら正にその通りかもしれません。

 この本は、4冊目の本になるのですが、

20年間、安田倭子と共に多くのクライアントさんと出会い、千を超えるクライアントさんの体験談を得ることが出来、その思いを伝えられた時、安田倭子と私は、

「病気って何だろう?」そして、

「私達がやっていることってなんだろう?」

いつも考えさせられてきました。

そして、その答えは、医療では出来ない分野を担い、民間療法として、世の中に貢献する使命を持たされているのではないかと。

 

平成306月「意識細胞光療法」の商標を申請し、そして認可された令和元年8月に、病に苦しんでいる方の助けになればと決意して執筆した本でした。

出版日が、新コロナウイルスで世の中が大変な時になったのも、意味があったのではなかったか?とも思えるのです。

病気になる原因には、細胞の衰え、病原菌、ウイルス、怪我、衛生環境等、数えきれない程あります。

そうした中で、恐怖、不安、心配、悲しみ等のネガティブな意識は、ストレスとなって、病を作り出し、又、重病にしていく要因になることが、一般的には強く認識されずることなく流されていってしまいます。

 

その例として、

新型コロナウイルス感染」を私は上げたいと思います。

今、世の中すべてが「感染」「感染」「感染」という考え方を軸に動いています。

 3つの密を守りましょう」 密閉・密集・密接

 本当にこれが、正しい考えなのでしょうか。

 

ここに、「恐怖心」「不安心」「安心感」という、考え方は、入って来ないのが不思議に思えます。

 

次回は「恐怖と安心のバランスの問題」を考えてみたいと思います。

美肌と光

肌をきれいにする赤の光、体内時計を調整する青色の光
光には目から入り脳の細胞に作用する光と直に細胞に作用する光とがある

 

f:id:healingbox:20200509223531j:plain

LED(発光ダイオード)は、携帯電話や大型ディスプレイ、大型映 像スクリーン、照明機器等、上げれば切りがないほど様々のの 物に使われています。現在は医療、美容、植物育成などに注目 されています。例えばLEDのエネルギーを利用して皮膚の殺菌 ・治療・活性化・老化防止を図ったり筋肉の増強、糖尿病の深刻 な合併症の改善・視力回復等に研究開発が盛んに行われてい るなかで、LEDの集光性の強いこととグレアやブルーライトの問 題が開発者を悩ませています。 美容界では赤色のLEDを美容機器に組み込み、しわやシミ をとることをやっています。 しかし、目の周りや、ドーム型のLEDの機器には、集光性の強い LEDの光が目に入ってしまう危険性があるため目隠し等を使用 することになり利点を発揮することができません。 ヒーリングボックスの光は、集光性・グレア・ブルーライトの問題を 全て解決した技術で特許の認可をえています。 そして、集光性・グレア・ブルーライトの問題だけではなく、光学 的にも優れた技術で細胞に作用する「生物フォトン」に勝る光を 放っています。

癒しと光

ヒーリングボックスの光にはこんな力がある

 

f:id:healingbox:20200509223531j:plain

ヒーリングボックスの光

心理的・精神的に作用する光

恐怖と不安を抑え、ほどよい安心感を保つ細胞を活性化する光


恐怖・心配・不安は病気を生み出し、小さな恐怖でも、人によっては死にいたるまでいってしまう

何故、私達には恐怖・心配・不安と言う気持ちが湧いてくるのか、それを、知るには、 人類が誕生した古代にさかのぼります。 大昔、人類の周りは火山や災害の渦中にあり、多くの害敵からも必死で逃げ回り、 生き延びてきました。人類に恐怖と言う因子が組み込まれていなかったら、逃げる ことも、避けることもせず、人類は絶滅していたにちがいありません。 しかし、恐怖、 不安、心配が強すぎると、病気と言う厄介なものを生みだし、死に至ってしまいます。 人間というのは凄い生き物です。恐怖や心配を暴走させないように「安心」という 因子も作ったのです。それでもなお問題は起きます。 「安心」と言う因子が張り切りすぎると、もとに戻ってしまいます。そこで、「恐怖・心配・ 不安」 と 「安心」のバランスをとる細胞を調整役としておいたのでした。 古代は災害や害敵から受ける恐怖が主体でしたが、現代は権力や金力と言う複 雑社会から生まれるキラーストレスを受けるようになり、 原因の分からない病気も生み出され、苦しむようになりました。 そんな時代に「安心」という因子持った細胞を元気する力が人間自身にあること を教えてくれたのが安田倭子でした。2002年「独立行政法人放射線医学総合研 究所」が安田倭子の手から極めて大きな「生物フォトン」が放出されたことを記録し ました。(これこそが自然治癒力と言われるものの一つだといえるのです。安田倭 子ほどではないが、通常人達からも出ているのです。 しかし、現代はあまりにも医療に依存してしまい、重要視されなくなっています。 手術で悪いところを執っても、自信の力で回復させる細胞が働かなかったら、そこ で終わりなのです。 この生物フォトンを検出されたことを切っ掛けに研究が始まり、製作されたのがヒー リングボックスで、特許として認められ、ヒーリングボックスから放たれる光は今まで 苦しんできた人達から感謝の言葉をたくさんいただいています。

健康と光

ヒーリングボックスの光にはこんな力がある

毛細血管血流実験風景

毛細血管血流実験風景


 毛細血管血流実験風景


ヒーリングボックスの光は毛細血管の血流を良くします。
毛細血管は髪の毛の10分の1の太さで赤血球が1個通るという細さです。

毛細血管の働きは60兆個と言われる細胞に酸素や栄養を 送り、又、細胞から二酸化炭素等、老廃物を排出する交換器 官として重大な役割をはたしています。
60兆個と言う細胞の1個1個に繋がるのには、この細さでなけ ればならないのです。 ワコ・ネイチャーでは、健康の根源がこの毛細血管の血流にあ ることに着目し、この細い毛細血管の中を移動する血流の流 れを写し出す顕微鏡で、多くの方々のデーターを取って来ました。
当実験では、ヒーリングボックスの光を当てた時と当てない時 の血流の違いを見ました。 その結果ヒーリングボックスの光を当てると80%の方の血流が 活発に動き出すデーターをえました。まして、ゴースト血管と言 われている毛細血管の血流も動き出しました。